ファイル共有のメリットと注意点

現在の仕事においてコンピューターは欠かせない存在となっており、その過程で大量のデータファイルが作られています。

しかし、このデータファイルはひとつのコンピューターに保管されているのが一般的で、それらを他のコンピューターに持っていくには外部メディアにコピーするか、電子メールなどの機能を使って送信する必要があります。

しかし、これらの作業をするだけでも手間が掛かりますし、余分なデータを送ってしまったり、送るべきデータを送らなかったりといったケースがあります。



そこで、行われるのがデータファイルの共有システムです。



これはデータファイルを一定の人がアクセスすることができるファイルサーバーに保存し共有するというものです。

共有システムを作ることじたいは簡単に行えますが、特に支持されているのが外部サーバーを使うものです。外部サーバーを利用することで定期的にバックアップが行われるのでデータが失われるリスクを極力減らすことができます。
また外部からのアクセスも可能といったメリットがあります。
一方で共有すること発生するデメリットとしては、そのサーバーにアクセスすることができ、IDやパスワードが分かっていれば誰でもデータを読み取ることができる点があります。


特に正規のIDやパスワードを使用されればデータが盗まれたかどうか判別しにくく情報漏えいが発覚しづらいといったことがあります。

このためサーバーにアクセスするためのIDやパスワードの管理といったセキュリティが重要になってきます。

togetter情報はこちらです。